Trip

ちょっぴり贅沢な、屋久島 女一人旅(Day1)

久しぶりの更新になってしまいました…..

この度、ずっとずっと行きたかった屋久島へひとりで旅行をしてきました。

屋久島には一生に一度行ってみたいと思っていたのですが、固まって連休を取れる良い機会があり、ここぞとばかりに予約を思い切ってしてしまいました。

3泊4日の旅程で、全スケジュールは以下です。2日目以降の記事も随時更新予定です。

1日目

<移動>

・飛行機(Skyマーク) 羽田(7:45発)⇨鹿児島(9:35着)

・リムジンバス(鹿児島空港線) 鹿児島空港(11:00発)⇨本港(11:50頃着)

・フェリー(とっぴー) 本港(13:00発)⇨屋久島 宮之浦(15:30着)

・レンタカー 宮之浦⇨JRホテル屋久島(17:00頃着)

<宿泊>

JRホテル

2日目

終日 縄文杉ツアー

<宿泊>

JRホテル

3日目

AM リバーカヤック

<宿泊>

Sankara hotel & spa 屋久島

4日目

<移動>

・レンタカー sankara hotel&spa 屋久島(9:00発)⇨ 宮之浦(10:00前着)

・フェリー(とっぴー) 屋久島 宮之浦(10:35発)⇨本港(13:15着)

・リムジンバス 天文館 ⇨ 鹿児島空港(15:00頃着)

・飛行機(Skyマーク) 鹿児島空港(18:00発)⇨羽田(19:50)

屋久島温泉 JRホテル屋久島 <屋久島>

一人で運転はかなり不安だったのですが(ペーパーすぎるドライバーですw)、やっぱり全部をバスを駆使して移動するのはかなり難しそうでした….

そしてやはり移動にほぼ1日かかります。余裕を持ったスケジュールがお勧めです…(^_^)

それでは1日ずつ紹介していきます。

1日目

羽田には7:00ごろに着くように早起き…..

スカイマークはLCCなのにも関わらず荷物は20kgまでOKだったのが助かりました。

トレッキングシューズなどキャリーケースに入れているので、荷物がかさみます…

機内サービスもあって、ホットコーヒーと機内限定のキットカット。ちょっとのサービスでも嬉しい。


それから無事に鹿児島空港につき、時間はあるもののまずはバスの乗り場の確認。

コロナ禍でバス運行時間が変則だそう。事前に念のため確認しておくことをお勧めします。

https://www.tykousoku.jp/dock/kagoshima.html

ちなみにリムジンバスは現金のみの精算で鹿児島空港から本港まで1,300円です!

(このバスは事前に予約ができませんでした。)

バスの出発時間まで1時間ほどあるので空港内のドトールで時間潰し。

ちなみに店内はとっても広いし静かだし、居心地抜群。

帰りの空港での時間潰しもここでしようと決意。(早いw)

さて、バスに乗ります。

東京の市バスを想像していたのですが、思ったより広いしリラックスできます。

(キャリーケースもバスの荷物入れに預けられます)

バスに乗って約1時間後、無事に本港に着きます。乗ってるだけで着く幸せ。

フェリーは事前に予約&決済をしていたのですが、乗船の1時間前から座席指定が始まります。

https://www.tykousoku.jp/reserve/

1F or 2F、窓側 or 通路側 を指定させてもらえます。この日は1時間前から受付窓口が結構並んでいた。

ここでも1時間くらいの待ち時間があったので、お昼ご飯を食べたかったのですがあまり何も無く、、、事前にコンビニなどで買っておくことをお勧めします。

(小さな売店と小さなレストランはありました)

約2時間半、船の旅のスタートです。

私は酔いやすいので、乗船の2時間前くらいに酔い止めを飲んで船の中はずっと寝ていました。

そして長い旅を経て、やっと屋久島に到着!

私はデスティーノレンタカーで予約をしており、船を降りた瞬間にレンタカーの従業員の方が待っていてくれました

そこからレンタカー屋さんのバンに乗り約10分でレンタカー屋さんに到着。

ここ、色々と他のレンタカーも調べたのですが、圧倒的に安くて3泊4日で約10,000円でした。激安じゃないですか??

「デスティーノレンタカー」で検索してみてください!⇨
楽天トラベル

そして緊張しながら久しぶりの運転…. そしてあいにくの雨の中車を走らせること約40分……

屋久島の道路は、中路に入らなければ運転しやすい方だと思いました(^ ^)

ただ一本中に入るだけで劇狭な道路が多発するので注意。

やっとホテルに到着!(すでに17:00、、、)

今回2泊予定のJRホテルです。

チェックインの際に滞在中の予定を聞いてくれて、次の日トレッキングでしたので朝ごはんはお弁当に変更していただいて

お昼ご飯も600円でお願いできるとのことだったのでお願いしてしまいました。

(朝4時から受け取れるとのことで安心。嬉しいサービス)

さてさて、お部屋にチェックイン。

一人旅だったのですが、ツインのお部屋に。(一人旅の良く無いところはホテルの滞在が割高になってしまうことですよね…)

お部屋はこんな感じです!

http://www.piyo.blog/wp-content/uploads/2021/06/IMG_1196-1.mov

コロナ禍もあってホテル自体は閑散としていたのですが、かなり満足度の高いホテルでした。

お待ち兼ねの夕食を最後に紹介します。私は次の日が3:30起きだったので早めの17:30からいただきました。

最初にお伝えすると、ご飯が物すっごーーーーくおいしかったです・:*+.(( °ω° ))/.:+

お腹を空かせていたのもあったかもしれないのですが、本当にまた絶対泊まりたい。

メニューはこちら。


1品目(やっぱり屋久島のお魚って美味しい)

2品目(このお魚本当にふわふわでしたw)

3品目

4品目(後で振り返ると、このお肉が今回の旅の圧倒的No1だった)

5品目(デザートまでしっかりおいしくて、しかも甘い物好きとしても満足する量で最高だった)

屋久島温泉 JRホテル屋久島 <屋久島>

お腹いっぱいになったあとは、部屋でゆっくりしつつ、温泉に入って移動の疲れを癒して

無事に屋久島に来れた幸せと美味しいご飯と、色々と一人で考え事をして幸せを感じた1日目でした。

2日目以降に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA